お肌の張りや表情筋のゆるみがたるみを引き起こしますが、その他に普段からおこなっているささいな癖も原因となります。

日本に於いて、皮膚が透き通るように白くて黄ぐすみや茶色いシミが出ていない状態を好ましく受け止める美意識が前から広まっていて、「色の白いは七難隠す」という有名なことわざもある。
メイクの良いところ:外観がきれいになる。
お化粧も嗜みのひとつ。
実際の年齢より年上に映る(あくまで10代から20代前半限定です)。
自分のイメージをその日の気分でチェンジできる。
指で押しても元通りになる肌の弾力感。
これを作り出しているのは、みなさんご存知のコラーゲン、つまりはタンパク質です。

バネの働きをするコラーゲンが下から皮ふを支えていれば、タルミとは無縁でいられるのです。

美容外科の施術をおこなうことに対して、恥だという感覚を抱く患者も少なくないようなので、患者さんのプライドやプライバシーを冒さないような気配りが特に必要だといえる。
心臓から遠い位置にある下半身は、重力の関係でリンパ液の移動が滞留するのが一般的だ。
むしろ下半身にみられる浮腫は、リンパがちょっと鈍くなっていますよというサインのひとつ程度のものだと解釈するほうがよい。
ホワイトニングとは、色素が少ない、更に白肌を重要視したビューティーの価値観、及びこのような状態の皮ふのことだ。
主に顔の皮膚について使われることが多い。